学会発表・発表文献

2019年

論文誌・国際会議

研究会等

  • 米田昌弘, 鶴岡慶雅. 教師なし英日ニューラル機械翻訳の検討と文の潜在表現の分析,言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019), 名古屋, 2019年3月.(最優秀ポスター賞受賞
  • 浅井明里, 江里口瑛子, 橋本和真, 鶴岡慶雅, 実行時機械翻訳による多言語機械読解, 言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019), 名古屋, 2019年3月.(若手奨励賞受賞
  • 李凌寒, 中澤敏明, 鶴岡慶雅. 文脈情報を考慮した日英ニューラル機械翻訳,言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019), 名古屋, 2019年3月.
  • 安井豪, 鶴岡慶雅, 永田昌明 (NTT). 意味的類似性を報酬とした強化学習による文生成,言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019), 名古屋, 2019年3月.
  • 李桐, 鶴岡慶雅. 文字レベル言語モデルの転移学習による日本語単語分割,言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019), 名古屋, 2019年3月.
  • 古川好, 鶴岡慶雅. ベイジアン隠れマルコフモデルとWikipediaテキストを用いた歴史人物移動モデルの推定,言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019), 名古屋, 2019年3月.
  • 宮崎広夢, 鶴岡慶雅. ソースコードの文法情報を利用したソースコード要約生成,言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019), 名古屋, 2019年3月.
  • 福西章人, 鶴岡慶雅. 検索報告書を教師データとする先行技術文献検索システムの提案,言語処理学会第25回年次大会 (NLP2019), 名古屋, 2019年3月.

2018年

論文誌・国際会議

Preprint

研究会等

  • 田口直弥, 鶴岡慶雅, Memory Augmented Neural Networks における 記憶利用についての局所解を考慮した Controller の設計, 言語処理学会第24回年次大会 (NLP2018), 岡山, 2018年3月.

2017年

論文誌・国際会議

  • Hirotaka Kameko, Jun Suzuki, Naoki Mizukami, and Yoshimasa Tsuruoka, Deep Reinforcement Learning with Hidden Layers on Future States, Computer Games Workshop at IJCAI 2017.
  • Keigo Kawamura, Naoki Mizukami, Yoshimasa Tsuruoka, Neural Fictitious Self-Play in Imperfect Information Games with Many Players, Computer Games Workshop at IJCAI 2017.
  • Atsushi Ushiku, Shinsuke Mori, Hirotaka Kameko, and Yoshimasa Tsuruoka, Game State Retrieval with Keyword Queries, SIGIR '17 Proceedings of the 40th International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval, pp. 877-880.
  • Naoki Mizukami, Jun Suzuki, Hirotaka Kameko, and Yoshimasa Tsuruoka, Exploration Bonuses Based on Upper Confidence Bounds for Sparse Reward Games, Fifteenth International Conference on Advances in Computer Games (ACG 2017).

研究会等

  • 扇本岳大, 鶴岡慶雅. 構文情報を用いたAbstract Meaning Representationの高精度アラインメント, 言語処理学会第23回年次大会 (NLP2017), つくば, 2017年3月.
  • 衣川和尭, 鶴岡慶雅. 学術論文の章構造に基づくニューラル自動要約モデル, 言語処理学会第23回年次大会 (NLP2017), つくば, 2017年3月.
  • 鈴木諒, 鶴岡慶雅. Recurrent Entity Networks における文脈表現への係り受け関係の活用, 言語処理学会第23回年次大会 (NLP2017), つくば, 2017年3月.
  • 橋本和真, 鶴岡慶雅. 文の潜在グラフ表現の学習: ニューラル機械翻訳での検証, 言語処理学会第23回年次大会 (NLP2017), つくば, 2017年3月.
  • 江里口瑛子, Kyunghyun Cho, 鶴岡慶雅. 目的言語側における係り受け構造を考慮したニューラル機械翻訳, 言語処理学会第23回年次大会 (NLP2017), つくば, 2017年3月.

2016年

論文誌・国際会議

  • Kazutaka Kinugawa and Yoshimasa Tsuruoka. Developing a Supervised Text Summarizer with Academic Papers in Biomedical Sciences. First International Workshop on SCIentific DOCument Analysis (SCIDOCA 2016).
  • Shinsuke Mori, John Richardson, Atsushi Ushiku, Tetsuro Sasada, Hirotaka Kameko and Yoshimasa Tsuruoka. A Japanese Chess Commentary Corpus. 10th edition of the Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2016).

研究会等

  • 村上優樹, 鶴岡慶雅. 現実世界の時間・空間制約を用いた共参照解析の精度向上, 言語処理学会第22回年次大会 (NLP2016), 仙台, 2016年3月.
  • 渡辺有祐, 橋本和真, 鶴岡慶雅. 直列化された係り受け構造によるニューラルネット文生成, 言語処理学会第22回年次大会 (NLP2016), 仙台, 2016年3月.
  • 増田嵩志, 鶴岡慶雅. ニューラルネットワーク日英機械翻訳における品詞情報の利用, 言語処理学会第22回年次大会 (NLP2016), 仙台, 2016年3月.
  • 橋本和真, 鶴岡慶雅. 構成性と非構成性を同時に考慮した動詞句の表現学習, 言語処理学会第22回年次大会 (NLP2016), 仙台, 2016年3月.
  • 江里口瑛子, 橋本和真, 鶴岡慶雅. 句構造へのアテンションに基づくニューラル機械翻訳モデル, 言語処理学会第22回年次大会 (NLP2016), 仙台, 2016年3月. (若手奨励賞受賞)
  • 山本和慶, 鶴岡慶雅. Sentence Latent Dirichlet Allocationを用いたエンティティリンキング, 言語処理学会第22回年次大会 (NLP2016), 仙台, 2016年3月.
  • 扇本岳大, 鶴岡慶雅. Shift-Reduce法による依存構造解析におけるビーム幅制御, 言語処理学会第22回年次大会 (NLP2016), 仙台, 2016年3月.

2015年

論文誌・国際会議

研究会等

  • 橋本和真, 鶴岡慶雅. テンソル分解に基づく述語項構造のモデル化と動詞句の表現ベクトルの学習, 言語処理学会第21回年次大会 (NLP2015), 京都, 2015年3月. (最優秀賞受賞)
  • 村上優樹, 鶴岡慶雅. アレキサンダー大王の遠征は再現できるか?〜人物移動モデルによる歴史文章解釈〜, 言語処理学会第21回年次大会 (NLP2015), 京都, 2015年3月.
  • 中須賀謙吾, 鶴岡慶雅. 談話構造を利用した学術論文の自動要約生成, 言語処理学会第21回年次大会 (NLP2015), 京都, 2015年3月.
  • 西埜徹, 鶴岡慶雅. Distant SupervisionとDB内情報からの直接学習による薬物間相互作用情報の抽出, 言語処理学会第21回年次大会 (NLP2015), 京都, 2015年3月.
  • 有賀竣哉, 鶴岡慶雅. 単語のベクトル表現による文脈に応じた単語の同義語拡張, 言語処理学会第21回年次大会 (NLP2015), 京都, 2015年3月.
  • 外山翔平, 橋本和真, 鶴岡慶雅. 構文情報を利用した事前並べ替えとニューラルネットワーク機械翻訳の同時学習, 言語処理学会第21回年次大会 (NLP2015), 京都, 2015年3月.

2014年

論文誌・国際会議

研究会等

  • 津田覚之, 三輪誠, 鶴岡慶雅, 近山隆. マルチメディアデータに対する周辺情報を用いた Latent Dirichlet Allocation によるタグ付け支援, 言語処理学会第20回年次大会 (NLP2014), 札幌, 2014年3月
  • 橋本和真, 三輪誠, 鶴岡慶雅, 近山隆. 述語項構造に基づくニューラルネットワーク言語モデルの学習, 言語処理学会第20回年次大会 (NLP2014), 札幌, 2014年3月(若手奨励賞受賞)
  • 王望傑, 三輪誠, 鶴岡慶雅, 近山隆. Paraphrase Extraction from Comparable Corpus based on Document Structure Models, 言語処理学会第20回年次大会 (NLP2014), 札幌, 2014年3月
  • 亀甲博貴, 三輪誠, 鶴岡慶雅, 森信介, 近山隆. ロジスティック回帰による言語モデルを用いた将棋解説文の自動生成, 言語処理学会第20回年次大会 (NLP2014), 札幌, 2014年3月
  • 成川弘樹, 三輪誠, 鶴岡慶雅, 近山隆. 知識ベースを利用した教師あり薬物間相互作用抽出の改善, 言語処理学会第20回年次大会 (NLP2014), 札幌, 2014年3月

2013年

国際会議

研究会等

  • Yun-Ching Liu, Makoto Miwa, Yoshimasa Tsuruoka, Tsan-Sheng Hsu, Takashi Chikayama. Trend Oriented Opening Book Construction, 第18回ゲームプログラミングワークショップ, pp.8-14, 箱根, 2013年11月.
  • 中張 遼太郎, 水上 直紀, 浦 晃, 三輪 誠, 鶴岡 慶雅, 近山 隆, LinUCBの1人麻雀への適用, 第18回ゲームプログラミングワークショップ, 2013年11月. (poster)
  • 橋本哲弥, 鶴岡慶雅, 近山 隆, 単語の概念関係による文間の一貫性を用いた文圧縮システム, 人工知能学会全国大会(第27回), 2013年6月.
  • 橋本和真, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆, 半教師有り再帰的オートエンコーダの生体医学分野のテキストへの適用, 言語処理学会第19回年次大会, 2013年3月.
  • 佐藤美沙, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆, ルールベースの共参照解析システムにおけるエラーの分析, 言語処理学会第19回年次大会, 2013年3月.
  • Natsuda Laokulrat, Makoto Miwa, Yoshimasa Tsuruoka, Takashi Chikayama, Enhancing Temporal Relation Classification by Features Extracted from Syntactic Parser, 言語処理学会第19回年次大会, 2013年3月.
  • 板持貴之, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆, 歴史の選択問題を解くため必要なフレーム的知識に関する考察, 言語処理学会第19回年次大会, 2013年3月.
  • 佐野峻平, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆, 先読みを用いた単語系列ラベリングへの最易優先方策の適用, 言語処理学会第19回年次大会, 2013年3月.

2012年

論文誌

国際会議

研究会等

  • 板持貴之, 三輪 誠, 田浦健次朗, 近山 隆. イラストの作者同定アルゴリズムの提案. 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 2012年3月. (大会学生奨励賞受賞) (pdf)
  • 藤田晃史,田浦健次朗,近山 隆. 大域アドレス空間におけるGCとリージョンによるメモリ管理, 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 2012年3月.
  • 中谷 翔,田浦健次朗,近山 隆,中島 潤. 再帰的に生成したタスクに対するデータ局所性を考慮するスケジューラの実装と評価, 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 2012年3月.(大会学生奨励賞受賞
  • 中澤隆久,林 伸也,鶴岡慶雅. コンピュータ将棋における合議アルゴリズムを用いた学習,第27回ゲーム情報学研究会, 2012年3月.
  • 水野 悠,鶴岡慶雅,近山 隆. キングメーカーノードを含むゲーム木の均衡点,第27回ゲーム情報学研究会, 2012年3月.
  • 佐野峻平, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆. 先読みを用いた系列ラベリングにおける最易優先探索の適用. NLP若手の会 第7回シンポジウム, 仙台, 2012年9月. (奨励賞受賞)(poster)
  • 浦 晃, 鶴岡慶雅, 近山 隆. 探索窓の予測分布を用いた並列αβ探索, 第17回ゲームプログラミングワークショップ, pp.100-107, 箱根, 2012年11月.
  • 古居敬大, 浦 晃, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆. 相手の抽象化による多人数ポーカーでの戦略の決定, 第17回ゲームプログラミングワークショップ, pp.211-218, 箱根, 2012年11月.(優秀論文賞受賞
  • 関 栄二, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆. 将棋におけるモンテカルロ木探索の特性の解明, 第17回ゲームプログラミングワークショップ, pp.68-75, 箱根, 2012年11月.(研究奨励賞受賞
  • 藤田康博, 浦 晃, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆. General Game Playingにおけるモンテカルロ木探索のシミュレーション方策の学習, 第17回ゲームプログラミングワークショップ, pp.38-45, 箱根, 2012年11月.
  • 亀甲博貴, 浦 晃, 三輪 誠, 鶴岡慶雅, 近山 隆. 局面情報からの探索信頼性の推定による将棋のProbCutの性能向上, 第17回ゲームプログラミングワークショップ, pp.92-99, 箱根, 2012年11月.

学内の研究室紹介等

2011年以前


添付ファイル: file2013_01_lab_intro.pdf 519件 [詳細]

トップ   編集 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 最終更新   最終更新のRSS
© 2014-2015 Tsuruoka lab. 2014-2015 All Rights Reserved.
Powered by Pukiwiki, styled by Kei_ / Last-modified: 2019-04-29 (月) 17:50:02 (84d)